Contact from here !

​bp.freemagazine@gmail.com

​Find us Here.

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2019 by BACKPACKER, S.A.L., Keio University. All rights reserved.

長旅のお供に! 海外で食べたい日本の味5選

Updated: Aug 4, 2019



バックパック旅も慣れてきたころ、


やっぱり日本の味が恋しい...。


現地のご飯が舌に合わない...。


そんな時にほっと心を安らげてくれる、旅のお供を紹介したいと思います!



1インスタント味噌汁


やはりこれは外せない。


ホステルやゲストハウスでお湯を沸かすだけでそこには故郷が広がっています。


ちょっと飲みすぎちゃった翌朝にも!













2 アルファ米


災害用保存食として知られるアルファ米。


なんとお湯でなくても水でもふんわりご飯やおかゆが作れるんです...!


海外で何が恋しいかってやはり日本米ですよね。


長期のバックパック旅にもってこい!





3 干し梅


手軽に持ち運べる、干し梅や梅味のお菓子!


暑い場所へのバックパックなら、こちらで塩分も補給できます。














4 抹茶味のお菓子



お土産にも使える、抹茶味のお菓子!


たまたま仲良くなった外国人に渡したりなんかも。


長時間の移動でなかなか食べ物に有り付けない時に、糖分補給としてもオススメです。





5 水出し茶



日本にいるときは紅茶とかコーヒーばっかり飲むくせに、海外でこそ恋しくなるこの味...!


水出しで氷と一緒に楽しむもあり、お湯でほっと一息つくのもあり!












〜番外編〜



最後にちょっと番外編!


同じくバックパック好きの友達に聞いたところ、個性豊かな面白い旅のお供を教えてもらいました〜

 



1 パスタソース(ヨーロッパ旅行に)



ヨーロッパは総じて物価が高く、バックパッカーとしては毎回外食には手が出しづらい...。


そんな時にお世話になれる、パスタソース!


現地で安いパスタを買って、ホステルやゲストハウスで茹でるだけ。



和風パスタでほんのり日本の味も楽しめますね!


ただし肉製品の持ち出しだけは気をつけてください...。




2 塩昆布


いや、普段コンビニで選ばないじゃん...シリーズ第二弾、塩昆布。


異国の地でこそわかるこのありがたみ。


仲間と一緒にむさぼり食べましょう。


熱中症対策としても!













以上、海外で食べたい日本の味特集いかがでしたか?


旅に出ているときは日本を忘れたいと思いつつ、恋しくなってしまうもの。


バックパックに忍ばせて、世界を飛び回りましょう!



(文責:法学部政治学科3年 M.I)