海外でスマホをネットを繋ぐ方法

旅に行くにも心配事がつきもの。その国の治安だったり、食事だったり、言語だったり悩み事は絶えません。でも今やネット社会。とりあえず携帯さえ持っていれば大体の問題は解決します!

ということで今回は、海外のネット環境の乗り越え方について説明します



①レンタルWi-Fi

一番の主流はなんといってもレンタルWi-Fiなのではないでしょうか。いまや旅行前日に自宅まで宅配してくれるサービスがあったり、当日空港で借りることもできます。設定の仕方も従来のWi-Fiの設定とほぼ同じで、Wi-Fiルーターに電源を入れて、パスワードを入れればすぐ繋げることが出来ます。

レンタル料金や容量も会社によって様々ですが、一日あたり500-1500円と割高な為、短期の旅行に向いています。また、ルーターの電池が切れるとネットが使えなくなってしまうので、注意が必要です。



②SIMカード

Simカードは日本でも現地でも購入可能で、e-simと同じくWi-Fiよりも安いのが特徴です。10日間で2000円程度。一か国或いは数カ国で使うことができます。

ただ、期限が切れると新しいsimを買い直す必要があったり、発展途上国などの田舎に行くと購入が難しいこともあります。



③e-sim

最近話題になっているのがe-simです。私は断然e-sim派です!なんと言ってもコスパがめっちゃいい👍Wi-Fiのレンタル料金が1日500円ぐらいなのに対し、e-simは10日間で2500円程。半分以下で済みます!さらに、また10日でなくなったらいちいちお店で買い足す必要もなく、ネットで決済した瞬間から使えます。加えて、simカードのようにいちいちスマホからsimカード取り外して現地のカードを入れる必要もない為、自分の今使ってるsimカードを無くす心配もありません。Wi-Fiルーターとsimは使える国が1か国あるいは数カ国に対して、e-simは25か国どこでも使えます。私もインドに行く際にトランジットでタイを訪れたのですが、その時も両親と連絡を取ったり、トランジットの長い待ち時間の暇つぶしに使えて便利でした。あと、e-simが使える機種はiPhoneXs以降となっていますので、ご注意を。


④フリーWi-Fi

フリーWi-Fiなら、無料で使うことができます!ただし、フリーWi-Fiの設備がある場所でないと、ネットにつなげられないため、普段ネットを使うことがない人にイチ押しです。



⑤携帯会社の海外のパケット定額制度

旅行中に国内と同じようにネットを繋げたい人は、携帯会社の海外パケット定額制度が便利です。NTTdocomo、ソフトバンクなどの携帯会社が提供するプランで、Wi-Fiがなくても国内と同じようにネットに繋げることができます。

ただし、一日あたり約2000〜3000円とかなり割高です。

(例外ではありますが、ソフトバンクでは、アメリカ放題と言って無料で通話ネット使い放題(2020年2月2日現在)のプランがあるそうなので、是非アメリカ行く際は使ってみてください!)


以上代表的な5つを扱ってきました

それぞれメリットデメリットはあるので、旅行期間や地域などに合わせて使ってみてはいかがでしょうか(文学部一年E.S)

0 views

Contact from here !

​bp.freemagazine@gmail.com

​Find us Here.

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2019 by BACKPACKER, S.A.L., Keio University. All rights reserved.