「死ぬまでに行きたい場所 No.1!!」閑散期のランペドゥーザ島(イタリア)へ行ってみた


「死ぬまでに行きたい場所 No.1!!」(ランペドゥーザ島)


地中海のシチリア島近くにある、イタリアの最南端の島、ランペドゥーサ島。

人口わずか5,500人のこの島には、夏になるとたくさんの観光客が訪れ、島は活気で溢れています。


暖かく爽やかな気候で過ごしやすく、海でマリンアクティビティを楽しんだり、美しいサンセットを見たり。

そして、何と言っても、一番の見所は、「空飛ぶ船」

(googleで「lampedusa flying boat」と検索👉)


波が穏やかで天気がいい日には、透明な海水と海底に映った船影とのコントラストによって、まるで船が宙に浮いているように見えます。(ただし、夏限定。)



閑散期のランペドゥーサ


一方、3月のランペドゥーザはというと...

観光客はほぼゼロ。


天気こそいいものの、水が冷たくて海には入れないし、空いているお店も少なく、島の活気は何処へやら...と行った感じ。


ここまで聞くと、なんでわざわざこんな時期に行ったのか、

不思議に思うかもしれません。


でも、見てください。

この写真たち。こんな経験ができるのは、閑散期だからこそ。





夕暮れ時。

ただ波音だけが聞こえ、

雲ひとつなく真っ青だった空が徐々に赤く染まり、

1日が終わりを告げる。

そんな幻想的な空間を誰にも邪魔されることなく、独り占めできちゃいます。


ベンチに腰掛け、おしゃべりしていたおじいちゃんたち。

閑散期だからこそ、島民たちは、何に急かされるわけでもなく、

ゆったりとした時間の流れに身を任せています。

そんなおじいちゃんたちの談笑に混ざりながら、写真をパチリ。




3月のランペドゥーサにあったのは、

ただの「日常」


海には入れないし、「空飛ぶ船」は見られないし、空いているお店も少ない。

けれど、そんな時期だからこそ、

流れる時間にただ身をまかせ、島の人びととお話ししたり、気の向くままにお散歩したり、

島の「日常」を体感できます。


あえて、閑散期に、観光地に足を踏み入れてみることで、新たな旅の魅力に気づけるかもしれません。


(文責:2年R.M.)













13 views

Contact from here !

​bp.freemagazine@gmail.com

​Find us Here.

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

© 2019 by BACKPACKER, S.A.L., Keio University. All rights reserved.